So-net無料ブログ作成
検索選択

マリア×マリアその1―聖母マリア [美術講座]

歴史に名を残している画家の大半は男性ですが、絵の中には夥しい数の女性が登場します。描く女、描かれる女―現代では女性アーティストもめずらしくありませんが、人類の歴史を通じて女は圧倒的に「描かれる」側の存在でした。そんな「描かれた女性たち」に光を当ててみようと、今年度前半の美術講座は<絵の中の女性>をテーマに5回シリーズで開講中です。

Leonardo St-Anna.jpgmurillo mugenzai.jpgangelico annuciation.jpg
左上:レオナルド・ダ・ヴィンチ《聖アンナと聖母子》
右上:ムリーリョ《無原罪の御宿り》
下:フラ・アンジェリコ《受胎告知》

5月16日の第1講で登壇してもらったのは、「描かれる女性」の筆頭格、聖母マリア。乙女であり、母であり、今なお世界各地で目撃譚が絶えることのない永遠のマドンナ。その名を冠した聖堂や教会の多さを見ても人気のほどが伺われ、実質的にはキリストを凌ぐスーパースターです。聖なる乙女にして聖なる母マリアは、人が女性の中に見たいと願う様々な理想を投影されてきた存在です。

そんなトップスターのマリアですが、聖書(正典)には驚くほど少ししか記述がありません。キリスト教は西洋美術の根幹で、多くの主題のキリスト教の聖典に基づいていますが、いわゆる『聖書』(正典)を読んでも、どこにも出てこないエピソードはけっこう多いです。というのも、聖書には正典(Canon)と外典(Apocrypha)がありますが、絵画の主題は外典由来のものも多いからです。聖母もその一人で、マリア伝説の主たる源泉は『ヤコブ原福音書』という外典。この書の眼目は、一言でいえば、マリアの処女性の強調です。(正典には登場しない)ヨアキムとアンナというマリアの両親も登場し、(イエスと同様)奇跡的な受胎によって生を受けた生誕の経緯や、信仰深く賢明な少女としての成長物語、結婚や受胎、出産の顛末が詳しく語られます。こうした物語は正典以上に人々に親しまれ、特に文化・芸術の重要な題材となりました。

ところで、一口にキリスト教と言っても、様々な宗派があります。一般にルネサンスやバロックなどの華麗な宗教絵画のベースとなっているのは、カトリックの教理です。イコンを中心とした正教会(東方教会)は、西方のカトリック教会とはかなり異なる図像の伝統を持っています。また、聖書(正典)に重きを置くプロテスタントは、総じて美術には淡泊です。(プロテスタント圏では宗教画の需要は減っていき、代わって風景画や静物画などの世俗絵画が発展します。)

処女にして母という、女性に求められる理想の両極を具現し、聖女の頂点を占め続けてきた聖母マリア。その純潔性をめぐっては宗教者の間でも見解が分かれるようですが、これほどまでに敬愛され続けてきたのは、純潔性よりもやはり母性のゆえではなかろうかと思います。実はマリアとイエスの母子関係は、実際にはそれほど親密で良好なものではなかったようです。しかし、少なくとも絵の中では、美しく純潔な若い母と無垢な幼子は、男性にとっても女性にとっても「理想のお母さん」として救いと安らぎの象徴となってきたのではないでしょうか。

さて、聖母と並んでもう一人、美術界を牽引する重要な女性が「マグダラのマリア」。第2講では、この清濁併せのむもう一人のマリアを取り上げました。内容はコチラ

★7/11 絵の中の女性 #3「ファム・ファタルの系譜」受講者募集中!詳しくは下記をごらんください。
案内チラシ
http://lifeskill-npo.org/pdf/art-tabi-4th_2016_zenki.pdf
申込フォーム
http://my.formman.com/form/pc/BNHlAlQTb43d3jxo/

水を感じるアートワーク [こすもすアートタイム]

毎月1回、生活介護事業所こすもすでのアートタイム。天気も気分も滅入りがちな雨の季節こそ、ダイナミックなアートワークを!6月1日(5月分)のワークでは、「水」がテーマになりました[アート]

トイレットペーパーを体にぐるぐる巻きつけたり、引きちぎってたりしてダイナミックに遊んだあと、ペーパーに水を加えてミキサーにかけ、ドロドロにして水気を絞ります。好きな色を混ぜ込みんで乾かすと、十人十色のオリジナルカラー粘土板の出来上がり。カラフルな色の響き合いは、気分も明るくしてくれますね。
P1100899 (640x480).jpgIMG_8470 (640x480).jpg

じっくり造形に取り組むチームは、雨をテーマにこんな作品を作りました[雨]
IMG_8459 (640x480).jpg
IMG_8460 (640x480).jpg
IMG_8461 (480x640).jpg
IMG_8463 (640x480).jpg

季節を感じたり、表現したり、楽しみを見つけたり。色や形、ものの質感が参加者の皆さんの感性を刺激し、経験の幅を広げてくれればと思います。

雨を楽しもう!―6月の街かどアートすぽっと [街かどアートすぽっと]

  あめあめ ふれふれ かあさんが
  じゃのめで おむかえ うれしいな
  ピッチピッチ チャップチャップ ランランラン♪
  (童謡『あめふり』作詞:北原白秋 作曲:中山晋平)

梅雨の季節になりました。雨が降ると移動が大変なので、どんよりした空の色と相まって、気分までユウウツになりがち。でも、雨の季節ならではの美しさや楽しみもあります。小さな子どもにもそんな雨の愉しさを味わってもらおうと、6月9日の街かどアートすぽっとでは「あじさいとかたつむり」をテーマに遊びました。

あじさいは雨が降るごとに色が濃くなります。カラーバリエーションも豊富。子どもたちに好きな色のあじさいを選んでもらいました。
IMG_8511 (640x480).jpg

ひとしきり花を観賞したら、タンポを使って色をポンポンと紙にのせていきます。この時、形は気にしなくてOK。ポンポン模様のオリジナル色紙ができたら、あとでちぎり絵の要領で仕上げていきます。
IMG_8514 - 2 (481x640).jpg

そして、あじさいと言えば、かたつむり。最近は本物のかたつむりを見かけることが少なくなり、参加した子どもたちも実物を見たことは未だないようでした。そこで、紙粘土や段ボール紙で作った模型(?)をモデルにかたつむりを手づくり。
IMG_8512 - コピー.JPG

雨の日の素敵な親子合作が出来上がりました[アート]
IMG_8523 (640x480).jpgIMG_8524 (640x480).jpgIMG_8527 (640x480).jpgIMG_8526 (640x480).jpg

街かどアートすぽっとでは、今年度から対象年齢を従来より低く設定し、未就園児中心としました。この年齢の子どもは、遠慮せずに出かけられる場所も少なく、保護者の方も行動範囲が狭くなりがちです。月1回ではありますが、アートを使った遊びをしながら、お母さんもリフレッシュしていただければと思っています。毎回いろいろなアート&遊びを用意してお待ちしておりますので、どうぞ親子で気軽にご参加ください。もちろん幼稚園児、小学生もOKですので、夏休みにはぜひ遊びに来てくださいね[るんるん]


第14回総会&会員交流会開催! [活動いろいろ]

去る6月4日、第14回通常総会を開催しました。議案は以下のとおりで、全て原案が可決されました。

第1号議案 2015年度事業報告
第2号議案 2015年度決算並びに監査報告
第3号議案 役員選任
報告事項 2016年度事業計画&収支予算

第3号議案については、理事・監事とも全員再任で異動はありません。

今年は設立14年目を迎えます。ついこの間10周年を迎えたところだと思っていたら、15周年、20周年が迫ってきました。組織として、次の20年を見据えたグランドデザインを描かなければいけない時だ、というのは先日相談に乗っていただいたコンサルタントの言葉。組織も生き物のようなもので、ライフサイクルがあります。一定のスパンの中で自分たちの活動の大きな流れを把握し、今どのような段階で、これからどう舵取りをしていくのか、考えていかなければなりません。

私たちの核心であるアートセラピーへの社会的認知はずいぶん高まりました。設立当初は、NPOとは、アートセラピーとは、というところから話を始めなければなりませんでしたが、近年そういうことは少なくなりました。しかし、事業として成り立つ、さらには従事者の生計が成り立つというレベルにはまだまだ到達していません。ここをクリアし、ソーシャルビジネスとして成り立つところまで持っていきたいと思います。

総会後の会員交流会では、互いの近況報告からアートや心理、食、そして人工知能まで多彩な話題が飛び出し、刺激的で有意義な時間でした。

人が生きる上で出遭う様々な苦悩や困難を緩和し、乗り越えるよすがとなるようなアート&セラピーを目指して邁進する所存です。どうぞ今後ともよろしくご支援ご協力をお願いいたします。

6月の街かどアートすぽっとご案内 [お知らせ]

6月に入り、いよいよ梅雨となりました。
皆さまいかがお過ごしですか?

さて、6/9の街かどアートすぽっとは、梅雨をテーマにします。
あじさい、かたつむりなど自然に目を向けて雨の中の楽しみを発見しましょう。

ご参加受付中です[るんるん]

街かどアートすぽっと6月
6/9(木) 10:30~12:00(入室は11:30まで)
関関カラーズ店舗(サカエマチ商店街)
お一人100円(大人・子どもとも)
概ね1歳以上の親子さんのご参加お待ちしております。
汚れてもよい服でお越しください[ひらめき]

ゴヤ《カルロス4世の家族》―アートでめぐる世界の旅 [美術講座]

ロイヤルファミリーというものは今も昔も人々の関心の的。絵に登場する「家族の肖像」を追うシリーズ―最終回の第3講(3月7日開催)は、ゴヤの《カルロス4世の家族》を取り上げました。
[アート]画像
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/fc/Francisco_de_Goya_y_Lucientes_054.jpg

まずは皆さんに絵を見ながら自由にコメントを出し合ってもらいます。主要な登場人物のセリフを考えてもらったところ、次のような言葉が。。。

 ・私が主役よ(王妃:中央)
 ・嫁さんがセンターってのはどうよ...(国王:右手前)
 ・次は俺の時代だ(皇太子:左手前)
 ・こいつらにはウンザリだ(皇太子:左手前)
    ・・・等々

たしかに画面中央に堂々と立つ王妃の姿からは、かかあ天下(!?)の実態が一目瞭然です。本来なら国王が立つべき場所でしょうが、人のよさそうな国王はあっさりその場を明け渡してしまったようです。横並びの列から一歩前に立っているけれども、中心ではないカルロス4世の立ち位置は何とも微妙です。同じく画面左側手前に立つ皇太子は、気の弱そうな国王とは対照的に強い野心を内に秘めているように見え、やや超然とした表情から家族の中で浮いた印象も与えます。
史実に照らしても、政治的に無能で気の弱い国王(ちょうどフランスのルイ16世のような?)、宮廷と政治を牛耳っていた王妃、そうした親を嫌悪し後に史上最悪の暴君になった皇太子…など、この絵は各人物の性格や入り乱れる思惑をかなりあからさまに表しているようです。どの人物もいま一つ立派に見えないのも、高貴な身分の人々の肖像としては異色です。そうした容赦のなさはまさしくゴヤの真骨頂と言えましょうが、画家としては露悪的に表現したわけではなく、宮廷批判などの意図を込めたわけでもないようです。野心家だったゴヤは、宮廷画家の地位を得るためにあらゆる手を尽くしました。そして、首席宮廷画家になりたてのゴヤは、大きな自負をもってこの大作に挑んだことでしょう。その結果、はからずもこの一家の実態を露にしているとすれば、それこそまさにゴヤのゴヤたる所以であると思います。

家族の肖像は、さまざまに形を変えながら描かれ続けてきた普遍的なテーマ。家族の核である夫婦2人の婚礼の肖像から親子3人水入らずの聖家族、そして複雑な人間関係が錯綜する大家族のロイヤルファミリーまで、家族の形に注目して3つの作品を見てきました。「家族」とは、時にありがたく、時にやっかいで、愛していても傷つけあったり、嫌っていても捨てられなかったり、とかく一筋縄ではいかず、悩みや煩悩の温床でもあります。それでも「家族」は今も人間社会に存在し続けています。これからどんな「家族の肖像」が出てくるのか、人類の未来とともに興味深いテーマです。

メッセージを送る