So-net無料ブログ作成
検索選択

傷つきやすさの表現―教員研修にて [講師出講]

8月7日、池田・豊中・箕面の公立学校・園教員対象の研修にて、アートワーク研修を行いました。

初めに、「子どもと退行―傷つきやすさの表現」というテーマでミニ・レクチャー。主に幼稚園~小学校3・4年ぐらいの子どもの作品を事例に、排泄物や性器など典型的な退行(赤ちゃんがえり)のサインや、モチーフをぐるりと取り囲む表現、そして樹木画などを取り上げ、特に傷つきのない元気な子どもの作品と比較、対照しながらお話しました。特に今回は子どもの自尊感情と表現との関係に光を当てましたが、表現することが子どもの自尊感情を高める、ということには多くの先生方が関心を示されました。

P1050893.JPGP1050891.JPG

後半のアートワーク・タイムでは、実際に「自分の好きな木」を描いていただきました。バウムテストという心理テストもあるように、樹木画には自我の状態がよく表れるため、子どもの状態を知る手がかりになります。ここでは心理テストとしてではなく、あくまで自由な表現を引き出しながら、コミュニケーションの手がかりとするためのアートワークの一つとしての実践ですので、鉛筆だけではなく、いろいろな画材や好きな色を使って、自由に仕上げていきます。描くこと自体の心地よさが味わえ、後で作品を見ながら話し合ったり、自己洞察することもできるという点で、教育現場で取り入れやすい方法です。

夏の暑いさなかに、幼稚園・小学校・中学校から熱心な先生方にご参加いただき、質問やご意見も活発に出されました。先生方からは現場の課題や困難についても率直にお話しいただき、われわれにとっても参考になりましたし、今後のプログラムに活かしていきたいと思う所存です。先生方にはぜひ現場に持ち帰り、活用していってくださいね。ありがとうございました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る